プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

イベント

コンテンツタイトル下地

秩父歌舞伎公演主催事業

更新日:2019年1月5日

今も秩父地方に脈々と受け継がれている地芝居「秩父歌舞伎」。
江戸時代から現代にいたるまで多くの人々の手で守られ、何代にもわたり継承されてきました。
今春、市民会館では秩父歌舞伎正和会との連携により、歌舞伎にまつわる様々な事業を開催していきます。
観て、学んで、体験できる!市民会館が歌舞伎に染まる1週間をお見逃しなく!!

秩父歌舞伎を「観る」!秩父歌舞伎
秩父歌舞伎正和会による歌舞伎公演を開催。
花の木小学校歌舞伎クラブによる子ども歌舞伎も併せて上演します。

【秩父歌舞伎正和会とは】
昭和16年から17年の太平洋戦争中、秩父市の有志が、元秩父座の役者・初代関竹寿郎を師匠にして「出征遺家族慰問の夕べ」という催しで地芝居を上演し、その方々が中心となって昭和22年に秩父歌舞伎正和会を発足しました。
現在、年5回の定期的な公演のほか、県内外で公演を行っています。
近年では、市内の小中学校の児童・生徒を対象に子ども歌舞伎の育成も手がけ、後継者づくりも進めています。

とき
2019年3月10日(日) 13:00~ 15:00
12:00開場/13:00 開演
ところ
大ホールフォレスタフォレスタ座席表
入場料
種類 価格 販売状況 販売期間
入場料¥0販売中2019年02月10日 09:002019年03月10日 15:00
入場無料です
主 催
秩父市
お問合せ

秩父市教育委員会 文化財保護課
TEL:0494-22-2481

秩父宮記念市民会館
TEL:0494-24-6000

出演
秩父歌舞伎正和会
花の木小学校歌舞伎クラブ

前のページに戻る

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る